2011 /January / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2006年11月20日

Focusrite / Liquid Mix

lm_front.jpg

Focusriteから話題のLiquid Mix。サンレコで見てからずっと気になっていた代物で、Windows XPにもやっと対応したので思い切って購入しました。
コレ、要はPlug-Inなんですが、本体のDSPでプロセッシングしているのでCPU負荷がほとんどないんです。今回購入に踏み切ったのは、もちろんそれも理由のひとつなんですが、何と言っても20種類のクラッシックEQ&40種類のビンテージ・コンプレッサーのエミュレーション・プログラムを標準装備しているところ。Focusrite Liquid Channelで話題のダイナミック・コンボルーション技術が継承されているんですね。では早速いじってみましょう。

Liquid_Mix_GUI.jpg

まずNuendo3を立ち上げ、事前に用意したエミュレーション対応表を見ながらコンプをかけてみます。ちなみに素材は録音したてのDrums 2mix素材。
API 2500のエミュから順にdbx165/Empirial Labs El8 Distressor/Fairchild670......とうーんいいですね。アタック感も好きですし、かかり具合も悪くないです。特に気に入ったのはMANLEY SLAMやTUBE TECH CL-1Bですね。JOEMEEK SC2も面白いですね。NEVE 33609も録音素材に合ってました。EQの方はまだ時間なくってちゃんと試してませんが、やはり気になるのはNEVE 1073やNEVE 1058。後はAVALONも好感触でした。

実機とどの位似ているかは私はあまり興味がありません。もちろん使ったことある機材はニヤッとしながら試していますが…。

ちなみに動作環境はWindows XPのインストールされた自作PCです。Firewireポートが1つしかなかったので、BUFFALOのPCI Cardを挿しました。MOTU 828と問題なく使えてます。今のところ不具合もないですね。休みの日に使い倒します。

しかし、し、仕事は???時間ねぇー。

posted by Otani : 02:40 | trackbacks (0)

This Trackback URL

http://thegos.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/19

Recent Comments

Trackbacks

Links

Colophon